「北海道のドライブの注意事項」の記事一覧(2 / 2ページ)

普通の凍結路面とブラックアイスバーン

冬道で恐いのは凍結路面ですが、普通の氷とブラックアイスバーンの2種類があります。どう違ってどちらが滑りやすいのでしょうか?

相変わらず信号無視と出会い頭の衝突ばかり・・・

以前にも書いていますが、この冬直前の時期にも信号無視と出会い頭の衝突事故が連日のように報道されています。「もうウンザリ」と思うほどで運転していても信号無視の多さに驚きます。

冬道運転の基本

冬道の運転は初めてだととても恐ろしいです。基本は教科書通りで「急」の付く操作を行わない、つまり急ハンドル急ブレーキなどですが、それに+@もあります。

北海道で交通事故を起こす人は誰?

北海道で交通事故を起こす人は生粋の道民、観光客、最近他県から引っ越してきた人など様々です。他県から来て慣れていない人は特に冬は事故を起こしやすいでしょうね。では一番安全な夏はどうなのでしょうか?

赤信号で停まると追突される?

赤信号はもちろんですが黄色信号も「とまれ」です。決して「注意してください」ではありません。でも北海道は信号無視の車がビックリするほど多いので交差点は信号があっても十分な注意が必要です。

路駐の車には要注意!

北海道、特に札幌をはじめとする都市部では路駐車に要注意です。理由を知るとちょっとびっくりします。

動物の飛び出しで恐いのは?

自然豊かな北海道では道路への動物の飛び出しが多く大きな事故になることもあります。事前情報として知っておく必要があります。

一にも二にも速度注意!

北海道を走る車の最大の特徴はとにかくスピードを出し過ぎる車が多いという事です。ですから交通事故件数に対して死亡事故の比率が高いのです。速度の恐ろしさを知ってほしいと思います。

北海道での暗黙の交通ルール1

どの地域にも「暗黙のルール」というものがありますね。北海道の運転に関しても同様です。暗黙のルールでも「安全に寄与できる」とか「見てて微笑ましい」ものは良いのですが残念ながら北海道の運転ルールにはそのようなものがありません。今回からシリーズものとして記事を書いていきますね。

北海道での運転で一番注意すること

広くて美しい北海道。そこをドライブするのですからそれは素晴らしいことです。しかしどうしても事前に知っていただきたい注意事項もあります。本件は生粋の道民の方にも読んで頂きたい内容です。

サブコンテンツ
 

このページの先頭へ