「北海道のドライブの注意事項」の記事一覧(2 / 3ページ)

北海道と関東のあおり運転の違い

近年社会問題化している「あおり運転」ですが、大変危険な行為であり時とした大惨事を引き起こす可能性があります。絶対にしてはいけません!でも北海道は関東とはかなり違う部分があるのです・・・。

北海道は(も?)大型バスには要注意!

北海道に限った話でもありませんが、大型バス(貸切観光/都市間連絡)には要注意です。高速や幹線道路でかっ飛ばすだけでなく札幌中心地の狭い道でも強引に割り込んで来ます。

恐ろしい高速道路の対面通行

北海道に限った事ではなくて全国的に対面通行の高速道路が多くありますが、正面衝突が後を絶ちません。特に冬は恐ろしいです。

実は制限速度を守る北海道民

何処の道でもめちゃくちゃに飛ばすという印象が北海道は強いと思います。でも道によっては厳格に速度を守る車が多い道路もたくさんあります。

どんなに慎重な運転をしても恐ろしい事故のある冬

冬道は最大限の慎重な運転をすべきですが、どんなに慎重に運転しても思わぬ大きな事故を起こすこともあります。実例を挙げて説明しましょう。

冬道、飲酒運転、残念な季節の北海道

札幌の都市部でも本格的な根雪になり、来春まで長い冬になります。スリップ事故も増えますので慎重な運転が必要です。でも年末が近づくにつれて残念なのが異常なほど多い「飲酒運転」です。減る傾向を感じないほど多く腹が立つほどです!

普通の凍結路面とブラックアイスバーン

冬道で恐いのは凍結路面ですが、普通の氷とブラックアイスバーンの2種類があります。どう違ってどちらが滑りやすいのでしょうか?

相変わらず信号無視と出会い頭の衝突ばかり・・・

以前にも書いていますが、この冬直前の時期にも信号無視と出会い頭の衝突事故が連日のように報道されています。「もうウンザリ」と思うほどで運転していても信号無視の多さに驚きます。

冬道運転の基本

冬道の運転は初めてだととても恐ろしいです。基本は教科書通りで「急」の付く操作を行わない、つまり急ハンドル急ブレーキなどですが、それに+@もあります。

北海道で交通事故を起こす人は誰?

北海道で交通事故を起こす人は生粋の道民、観光客、最近他県から引っ越してきた人など様々です。他県から来て慣れていない人は特に冬は事故を起こしやすいでしょうね。では一番安全な夏はどうなのでしょうか?

サブコンテンツ
 

このページの先頭へ